「テクノフロンティア2012」への出展報告

7/11(水)~13(金)の3日間、東京ビックサイトにて、開催されました。「テクノフロンティア2012」内の、「モーション・エンジニアリング展」に、出展致しました。


   この展示会は、昨年に引き続き2回目の出展になります。
   やはり、モーターメーカーが多く出展されているので、その関連の狙いでした。

お馴染みの「東京ビックサイト」です。
イメージ 1

「テクノフロンティア2012」内、
イメージ 2

「モーション・エンジニアリング展」へ出展しました。
イメージ 3

ここは、入口です。
イメージ 4


当社ブースは、東4ホールの「4G-214」でした。
イメージ 5



これが、当社ブースの展示です。

イメージ 6

イメージ 7

基本、相変わらずの展示物ですが、
イメージ 8

今回、第1事業部より、新たな加工品の提供がありました。(このくじらです)
イメージ 9


テーブルでの商談は、2社行いました。ちゃんと活用出来て良かったです。
イメージ 10

イメージ 11


今回は3名で対応で、直接対応は、K田課長、S柳部長で行い、
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


お客様の呼び込みと、中国の方への対応を、I原さんが行いました。
イメージ 15



大手メーカーのブースは、やはりとても立派でした。
イメージ 16


来場者数は、機械要素技術展よりも少ないですが、それなりに盛況な結果でした。
イメージ 17



以上です。


今回の展示会での成果は、

1.名刺交換 … 64枚

  ※お礼状送付先:10名

2.パンフレット配布数 … 約100部 (未確認)

3.テーブル・椅子に座っての商談(打ち合わせ) … 2社

4.来場者数 … 7/11(水):  8,574名
         … 7/12(木):  9,064名
         … 7/13(金): 11,607名
              ※ 合計: 29,245名

この様な内容でした。 (内容更新済み)


  現時点での結果と感想は、

  ①新規ブレーキに関する具体的な打ち合わせが出来て良かった。
  ②モータメーカーへの売り込みを試みたが、居る立場の方が「営業」ばかりなので、ここでの
   逆営業は厳しいと思いました。また、大手の出展者メーカーの方は、自社対応に手一杯で、
   ブースを回るという事をしてない感じでした。
  ③展示会と関係が無い部品加工も、加工業者を探しているお客様が時々ありました。
  ④ブレーキの説明になり動きがある展示物が欲しいと、改めて思いました。
  ⑤「信州飯田」というのが分かる表示が欲しいとも思いました。

                                         以上です。

今回の結果を踏まえて、来年への出展計画をして、今後の営業活動に生かして、新規顧客を増やして行きたいと思います。




出展対応をされた3名の方々、大変お疲れ様でした。

"「テクノフロンティア2012」への出展報告"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: